rogo_03

蓮の育て方

March 20, 2016

蓮の植替え時期

蓮鉢の植替えをおこないました。
春のお彼岸あたりが蓮の植替えに一番適した時期となります。

蓮植替え
 
ハスは鉢で育てる場合、2年~3年に一度は植え替えることを
おすすめします。根を鉢の大きさに合わせて剪定して、土を新たにして植えます。
花重では毎年植え替えますが・・・(商品ですので毎年植え替えます)
一般の方がハス鉢を育てる場合、2年に一度ぐらいで良いでしょう。
ただし小さな鉢でハスを育てる場合、毎年植え替えることが好ましいです。



hanajyu8 

June 07, 2014

花重ハス鉢店頭販売開始

京都花重の名物である蓮鉢の販売を開始しました。
店頭に陳列しています。

DSC03201
 

今年はハスの成長が遅いと思っていましたが
ふたをあければ例年と同じでした。

DSC03202
 

販売時期も例年とほぼ同じとなりました。

画像では分かりにくいですが早くも花芽の付いた蓮鉢もあります。
花重のハス鉢、今シーズンもよろしくお願いします。

 

hanajyu8 

March 27, 2014

ハスの植替え時期到来

蓮の植替え時期になりました。
花重では先日、今季販売分の蓮鉢の植え替え作業が完了しました。

ハスは鉢で育てる条件であれば1~2年に一度は蓮根の間引きをして
新しい土、肥料を入れ替える作業が必要となります。

DSC03155
 

定期的に株分けや土の入れ替えをすることにより毎年、大輪の美しい蓮花を鉢管理でも
咲かせることができます。

大きな鉢で育てるのであれば2年~3年に一度で良いのですが、画像にある程度の鉢で
蓮を育てるのであれば2年に一度は植え替えをしたいです。

DSC03156
 

ちなにみ花重では毎年植替えをしています。

これから気温が上がりだすと新芽が水面上の出てきます。
早い蓮鉢ですと6月下旬ごろにはハス花を咲かせてくれます。

ハス鉢植替えが完了しましたので毎日の生長が楽しみです。

 

hanajyu8 

June 17, 2013

蓮鉢在庫状況

花重の夏の看板商品である自家製ハス鉢が売れ行き好調です。
蓮花の芽もしっかり出てきています。

DSC02587
 
DSC02589
 

花重のハス鉢の在庫状況は大鉢仕立てが6~7鉢、大鉢より一回り小さな鉢に仕立てたハス鉢は
3ケほどとなっています。

DSC02590

 

7月に入ると例年、在庫切れになります。
ハス鉢をお探しのお客様はお早めにどうぞ!

 DSC02588



hanajyu8 

June 11, 2013

蓮花芽付き鉢販売

ハス鉢の販売をはじめました。
花芽(蓮花)が出てきたハス鉢もあります。

DSC02580
DSC02582
 

今は蓮の花芽が出ていない鉢も今度1ケ月から2ケ月の間に大輪の蓮花の咲かせてくれます。

 

hanajyu8 

May 22, 2013

蓮鉢販売時期近し

蓮鉢の販売時期が近づいてきました。

DSC02553
 
花重では例年3月春の彼岸ごろにハスの植替えをします。
今年も植え替えた蓮が順調に育ち、販売シーズンを迎えようとしています。

DSC02554
 
後2週もすれば早いハス鉢は蓮花芽が出てくるでしょう。
花芽が出てきたら順じ店頭に陳列させ花重のハス鉢の販売時期がはじまります。

DSC02555
 
 

hanajyu8 

April 18, 2013

植替えたハス鉢成長状況

蓮の植替えを終えて約1ケ月がたちました。
早くも植え替えたハスは新芽を出し始めました。

DSC02485
 

これから気温が上がると一気に葉の芽が出てきます。

例年早いものですと6月後半ごろには蓮花の芽がでてきて
商品として店頭に陳列させて販売することとなります。

DSC02483
 

花重サイトでも何度も書いていますが蓮花を毎年鉢で咲かせるには
植替えが肝心です。まだ植替えをしていない方にアドバイスですがハスの植替えには
少々遅い時期となってしましましたが今からでもまだ間に合います。
植替え作業がまだの方は早急に作業してください。
5月に入ると遅すぎます。

DSC02484
 
 

hanajyu8 

March 16, 2013

花重ハス花の鉢植え替え株分け完了

花重では屋上のスペースを使い毎年蓮花鉢を育て鉢仕立てを販売しています。
御池通という京都では大きな道に面している当店の屋上は
日当たりが最高に良く、街中にしては珍しくハスを育てるのに適した環境となっております。

DSC02394
DSC02392
DSC02393
 

ハスを毎年咲かせるためには春のこの時期(彼岸あたりを目安に)に蓮根を鉢から掘り起こし
株分けをして、土を入れ替え肥料をしっかり入れる世話が必要です。

蓮の根(蓮根)の育つスピードはとても速く一年で尺二ほどの鉢に詰まるほど伸びます。
根の詰まったハスは大輪の蓮花を咲かせることが難しくなります。

毎年大輪のハスを鉢で咲かせるためには根の株分けと植替えを強くオススメします。

DSC02396
 

はすの植替えに使用する用土畑土が最適です。
畑の土が手に入らない場合は園芸店やホームセンターで手軽に手に入る赤玉土、荒木田土でも
ハス用土として使用できます。

肥料は窒素・リン酸・カリウムなどを含む化成肥料(複合化学肥料)を使用します。
(花重ではアイビー化成の白い粒の化成肥料を使用しています)

これが簡単なハス鉢植替え&株分けの方法です。

DSC02395
 

花重では去年からハスの新芽を烏にイタズラされることが多くなりました。
今年は漁業用延縄用テグスを使いカラス除け(上写真)を作りました。
効果があることを祈ります。

 

hanajyu8 

February 06, 2013

ハス鉢の植替え時期について

蓮花を鉢で毎年咲かせるためには植替えが必要となります。
根が回らないような大きな鉢に蓮根を植えた場合は数年に一度で良いですが
一般的な大きさの火鉢ほどの大きさのハス鉢の場合、1年に一度毎年の植え替え作業が
必要となります。

毎年大きなハスの花を鉢で咲かせるためには植え替え作業は欠かせないです。

蓮花の植替え時期は基本的に3月中旬ごろから下旬が好ましいです。
いわゆる春のお彼岸時期です。

この時期に植え替えるのが蓮鉢育て方の基本となります。


hanajyu8 

June 21, 2012

ハス鉢が綺麗になりました。
これから7月中旬ごろまでが蓮鉢の販売期間になります。

DSC01600
DSC01601
DSC01602






hanajyu8 

May 08, 2012

ハス鉢の新芽発芽

3月に植え替えた蓮花に新芽がではじめました。
ハスの新芽はなんともいえない愛くるしさがあります。

蓮の育つスピードは速く、6月下旬にもなれば写真の蓮鉢はハス葉でいっぱいになり
7月上旬には花芽を付けます。

年にもよりますが花重の自家製蓮鉢は7月から8月中旬までは見ごろとなります。
購入をご検討のお客様がおられましたら7月上旬にお越しくださいませ。
育成状態の良い品を選んでいただけます。

DSC01555


 


hanajyu8 

March 21, 2012

蓮植え替え時期

ハスを鉢植えで咲かそうとするならば毎年植え替えすることを
おすすめします。

蓮花の植え替え時期春の彼岸ごろが一般的で、当店花重でも
3月中をオススメしています。

巨大な鉢で蓮を育てるのであれば2年から3年に一度の植え替で良いかも
知れませんが、ハスの鉢仕立ての一般的な大きさの鉢である直径60cm~80cm、
高さ70cm-80cmのものであればできるだけ毎年植え替えすることをおすすめします。

ちなみにhanajyuでも今年のハスの植え替えは完了しました。

DSC01555



__


蓮鉢高さ30×幅23 内径33×外形41


なかの画像のハス鉢は去年のものです。
 上画像は今年ハス植替えしたものです。
                     下の画像も去年のはす鉢です。

hanajyu8 
花重サイト内容
京都花重WEB管理人twitterつぶやき
Instagram Instagramはじめました!!
お花画像検索
あいうえお順検索サイトマップ
お問い合わせメールアドレス
花重メールアドレス
hanajyu@khaki.plala.or.jp
※お問合わせメールアドレス 返信にお時間をいただく場合があります。
お急ぎの場合は075-221-4026までお電話くださいませ
  • ライブドアブログ

カンヌ国際映画祭